IZE fintech

IZE BLOCKCHAIN
TECHNOLOGY

IZE Token Business Project

WHITEPAPER

NOTICE

+ MORE

WHAT IS IZE PROJECT

IZE Projectは、ビッグデータ情報のコンシューマーが必要とするデータの情報の効率性、多様性を追求し、情報提供者のプライベート情報を保護するように計画された。

IZE ApplicationとIZE Add Onは、人工知能、データターゲティングアルゴリズムとAdd-Onデータ解析アルゴリズムによりビッグデータの参加ユーザーに、より多くの利益と報酬を提供することができるように設計されます。

Add On

add on

BUSINESS MODEL

情報提供者と情報のユーザーを接続するデータターゲットアルゴリズムを利用して情報提供Dappを開発できるようにしDapp事業者は、IZEブロックチェーンのノードを構成する資格を付与する。
Dapp提供ユーザーは、さまざまなデバイスを応用して、データを収集することができる。

business business

IZE TECHNOLOGY

  • 価値証明方式(PoV、Proof of Value)のブロックチェーンアルゴリズム

    価値を証明方式は、価値の提供と提供されたデータの消費のために貢献として測定される価値を証明(Proof of Value、PoV)であり、悪意の目的を排除したデータを使用して創出されることができる。

    価値を証明するためのアルゴリズムには、消費の測定に加え、IZE Application)の製作会社が参加するレーティングシステムを計画する。

  • IZEのデータ保存

    IPFS(InterPlanetary File System)は、暗号化されたブロックチェーンベースのデータベース、すなわち分散型ブロックチェーンファイルシステムである。

    これらのデータファイルは、暗号化を使用して保存することができ、選択したユーザーと共有することができる。IZEはIPFS生成保存ファイルのハッシュ値、すなわちユーザーのデータだけを、上記のBPMの代わりにイーサネットリウムブロックチェーンに保存する。

    これはブロックチェーンに必要なデータのシンプルを確保すると同時にIPFSの完全な脱集中されたブロックチェーンの技術を実装する。

  • IZEのデータ処理プロセス

    IZEはSparkを使用して、ビッグデータ処理プラットフォームを構築する。 Sparkは、大規模な低遅延ビッグデータ分析とマシンラーニング(機械学習)アプリケーションの構築に 理想的であり、IZEプラットフォームが必要とする技術である。

    SparkはHadoopのようなオープンソースのクラスタコンピューティング環境であるが、両者の間には若干の違いがあり、一部の作業負荷では、Sparkの性能がさらに適している (IZEプラットフォームに配置されたSpark構造を参照)。特にSparkは、メモリに分散されたデータ・セットを有効にすることができ、相互質疑を提供するだけでなく、反復的な 作業負荷を最適化することができる。

tech chart tech chart

IZE BLOCKCHAIN

Tendermint-cosmosブロックチェーン技術ベースで、私たちが開発しているIZE Blockchainは、次のような特徴を持ちます。

  • 早い処理速度 Fast consesus

    プラットフォームの円滑なトランザクションを処理するために、毎秒約2,000件の処理能力を実装して、以来毎秒100,000 TPSの速度を目標します。

  • 安全 Safe

    データ交換企業と消費者が安全に取引できるように無形のパスワード貨幣または現金資産の安全を確保することは、高速処理速度と同じくらい重要である。 私たちは、事前に異常をキャッチして、事前に防御する以上の徴候防御のAbnormally detection技術を適用します。

  • スマートコントラクトSmart Contract

    データ交換会社とのスマート契約をサポートしてイーサネットリウムと完全に互換性があり、他のスマート契約と分散アプリケーションのコードの変更なしIZE Blockchainに変換されるように構成します。

  • 安い手数料 Low Fee

    ほぼ無料の取引手数料ポリシーにビジネス企業のIZE Blockchain生態系誘導を促進させ、収益を保護します。

IZE TOKEN 発行

IZEトークンは次のように合計100億を発行します。

Token Table Token Table

IZE TEAM

  • Yu Onodera
    Founder

    Yu Onodera

    - FX 管理システムとITコンサルタント企業の管理と運営
    - 10年以上様々なビジネスコンサルタントとして勤務。2013年に本プロジェクトの草案を作成、ブロックチェーン技術に関して研究を開始
    - 2017年に多数の企業と組織に接触して本プロジェクトの基盤を強化

  • Ricky Yujin Lohmeyer
    Chief Strategy Officer

    Ricky Yujin Lohmeyer

    - 1991年 - 1996年成田国際空港でアメリカン空港の運航エージェントとして勤務
    - 1996年/6月 - 2005年/10月 化学ポンプとオイルスキミング装置の専門製造会社を運営
    - 化学工場、自動車製造会社、製油工場とその他の多くの産業分野の化学ポンプの販売及び処理
    - 2006年 - 2013年日本製産業設備の総合商社を運営
    - 2014年 - 現在、主にプリペイド旅行カードの計画及び販売を扱う会社とインバウンドとアウトバウンド旅行専門旅行会社を運営

  • Kanchana Eric Sinharage
    Chief Marketing Officer

    Kanchana Eric Sinharage

    - 広報と福祉分野で数年間の経験を保有
    - 多様な文化と多国籍グループで活性化、ネットワーキング、組織化及び管理活動
    - 政府、民間部門、非政府及び政府機関が参加するプログラム及びプロジェクト
    - 現在道路開発省庁のプロジェクト委員長服務
    - Colombo Prison 福祉協会会長
    - 社会奉仕部門の調整官
    - 特別プロジェクト省庁の調整官

  • Murilo Osamu Nobo
    Chief Technology Officer

    Murilo Osamu Nobo

    - 2016, 暗号通貨を独学、知識を深化
    - 暗号通貨の個人セミナを開催
    - Keikoku 活動随行(カンボジア)
    - ICO 関連プロジェクトのICEプラットフォームスマートコントラクトビジネスに従事
    - 2018, ブロックチェーン技術開発 bear valley Holdings(Comoros Association) 理事
    - 様々なサービス(決済サービスの提供企業、ウォレットサービスの提供企業、提 携の提供企業など) 開発

ROAD MAP

  • 2019

    • 03

      - コインの構成を決定
      - チームを構成
      - CI/BI 作業
      - チームを構成
      - 企画の設計

    • 05

      - 白書を企画
      - 基礎コイン政策を決定

    • 08

      - サービス企画
      - メインネット企画
      - パートナー社との 提携を推進

    • 11

      - 法務チーム、会計チームを構成
      - Pre-Sale 開始
      - 取引所を検討
      - 白書を完了
      - DAPP 企画を完了

  • 2020

    • 02

      - 取引所に上場予定

    • 05

      - IZE Application を設計

    • 08

      - IZE Add On を設計

    • 11

      - IZE Application MVPを制作

    • 12

      - メインネットの企画を完了

  • 2021

    • 01

      - IZE Application ベータランチング

    • 05

      - IZE Add On MVP を制作

    • 11

      - IZE Add Onベータランチング

    • 12

      - メインネットを完了

NOTICE